とあるゲーマーのゲーム日記です。

スーパーファミコンとぼくとドンキーコング

 

ゲームの思い出はいつ振り返っても、華やかであり、ワクワクする。

 

ぼくが幼少期の時には、父がゲーマーということもあり、プレステやスーパーファミコンが家には揃っていた。

父が「パワプロ」や「ストⅡ」をやっているのを、なにもわからずボーっとみていたのを今でも思い出す。

テレビからずっと流れてくる「波動拳」「昇竜拳」の叫び声が子供ながら不快だった。

 

 

そんなゲームだらけの家庭で育ったぼくも幼稚園にあがるころには、立派なゲーマーとなっていた。

ぼくが最初に触れたゲーム機がスーパーファミコンである。

ゲームを始めたきっかけは、もうおぼえていないが、SFCの「スーパードンキーコング」が人生で初めてプレイしたゲームタイトル。

 

 

 

 

幼少期のぼくのヒーローは、マリオや仮面ライダーでなく、ドンキーコングだった。

今では純粋にカッコいいと思えなくなってしまったが、当時はまちがいなくヒーローだった。

バナナのために困難に立ち向かうドンキーをみて「なんでこんなにバナナがすきなんだろ」とも思った。

 

 

スーパードンキーコングは2人で交互にプレイすることができて、いつも母と一緒に遊んでいた。

母がディディーで、ぼくがもちろんドンキーコングを操作する。

母がいつも、ゲームしているぼくをみて「ホントにゲームうまいね!」と褒めてくれるが、最高に嬉しかった。

 

その一言が、ぼくのゲーム人生のはじまりだったのかもしれない。

 

~~~~~

 

時が経ち・・・ 暇をもてあそぶニート時代。

(いろいろな事情があり一時期ニートでした)

 

 

突然、スーパーファミコンがやりたくてしょうがない衝動に駆られる。

幼少期にスーパードンキーコングをやって以来のスーパーファミコン。うずうずしないわけがない。

 

だが・・、どこを探してもスーパーファミコンがない。

母に聞いても「しらん。捨てたんじゃない」と思い出のゲーム機はいつの間にか我が家を去っていた。

 

 

 

捨ててしまったものはしょうがないと、さっそくハードオフでスーファミを購入。

PS4やSwitchと次世代機があるなかで、レトロゲームで遊ぶのもなんだか乙なものである。

 

ビールやおつまみを準備し、スーファミをスイッチオン。

もちろん遊ぶゲームは、スーパードンキーコング

 

 

 

ゲームも順調に進み、ゲームは終盤。

我ながらドンキーテクニックは衰え知らず。

 

 

 

 

ゲームをしているぼくをちらちらと見る母親。

「お、懐かしくて見てるのかな」と思うぼくに、母は「いつまでゲームやっているの!」と鬼の形相。

いくらドンキーがうまくてもこの敵に勝てそうにない。

 

ゲームは変わらないが、人は変わってしまうのかもしれない。

 

 

「いや、人は変わらなければいけないのだ!」とドンキーを遊んでいた、ぼく(ニート)はコントローラーをそっと置いた。

 

 

 

 

 

 

あなたのスーファミの思い出はなんですか?

 

 

 

 

 

おすすめアプリ【PR】

美少女育成 放置系RPGの「放置少女」
放置ゲームの最高峰。片手間プレイに最適なゲームになっています。
詳しくはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。