青春のすべてをゲームに捧げた人間のブログ

【評価・感想】Switchグリップコントローラーを使ってみた 【デモンエクスマキナ】

こんにちは、おしろです。

SwitchはTVモードと携帯モードどちらで遊んでいますか?

私は最近、ベッドに寝そべりながら、携帯モードで遊ぶことが多くなりました。

携帯モードの不満としては、「ボタンが小さくて持ちにくい点かな・・。」と感じます。

それとも、私の手が大きいだけでしょうか・・・w

そんな悩みを解決してくれる、グリップコントローラーを見つけたので、記事にしてみました。

購入したのは、Switchで発売されたロボットアクションゲーム「デモンエクスマキナ」仕様のHORI製品のグリップコントローラーになります。

グリップコントローラーの機能

グリップコントローラーの主な機能として3つ。

機能
  1. 背面ボタン
  2. 連射機能
  3. 持ちやすいグリップ

1つめは、L側とR側のコントローラーに背面ボタンが搭載されている。

背面ボタンには、それぞれ好きなボタンを割り当てることが可能です。

2つめは、連射/連射ホールド機能が搭載されている。

商品情報によると、毎秒5回/10回/20回の3段階の連射設定が可能らしい。

3つめは、手にフィットする握りやすいグリップとなっている。

ボタンがJoy-Conと比べて、一回り大きくなっていて、持ちやすくなっている。

グリップコントローラーの注意点としては、ジャイロセンサーHD振動無線通信などの機能が搭載されていません。

グリップコントローラーの外観はこんなかんじ

Joy-Conの約2倍くらいのサイズ
厚みもそこそこ
サイズが一回り大きくなる
上からみた様子
背面ボタンは押しやすいサイズ

実際に使ってみての感想

実際につかってみた感想をまとめてみた!

気になった点は大きく分けて4つ。

ポイント
  • 連射機能が便利
  • やっぱりもちやすい
  • 持ち運びがすこし不便
  • グリップをつけたままドックへ

携帯モードの連射機能が便利

ボタン1つで簡単に設定できる連射機能が便利でした。

ポケモンをやるときに重宝しています。

連射機能つきのコントローラーは多く存在したが、携帯モードで連射することができるのは、非常にうれしかった。

連射と連射ホールドも用途によって使い分けること可能です。

 

やっぱり持ちやすい

製品の特長どおり、グリップコントローラーはやっぱり持ちやすいです。

Joy-Conより厚みがあるので、手にしっかりとフィットしてGood!

ボタンのサイズやアナログスティックも大きくなっているので、操作もしやすい。

携帯モードでは、遊びにくかったアクションゲームを、意識せず遊べる喜び。

手にフィットしていることもあり、重さもそこまで気になりませんでした。

 

持ち運びがすこし不便

唯一の不満点をあげるならば、持ち運びがすこし不便になる。

グリップコントローラーをつけると縦横ともにサイズがアップする。

そのため、携帯モード用のケースに入らない問題が発生してしまう。

こればかりはしょうがないかな、とも思うが・・・。

 

グリップをつけまま、ドッグに挿せる!

グリップコントローラーを付けたままでも、ドックにさすことが可能。

これが意外と重要。

毎回外す必要がないのがうれしい。

TVモード時の機能はないので注意。

 

おわりに

携帯モード使用時には、重宝するアイテムだった。

携帯モードで遊んでいるときの負担や、アクションゲームがやりやすくて、非常に満足いくものとなっていた。

TVモードより携帯モードで遊んでいる割合が多い方は、ぜひ試してみてほしい。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。